「ま~る」(旧「NPO配りの会」)犯罪を経験した当事者と支援者でつくる自助グループ

ま~る(旧「配りの会」)は、刑務所出所者など犯罪を経験した当事者と、産業カウンセラー、家族相談士、精神保健福祉士、社会福祉士、弁護士などでつくる、自助グループ活動を行っているNPOです。2011年設立、刑務所から社会へ戻る方に寄り添う活動をしています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

お知らせ「おしゃべり会」2017年

「ま~る」主催
社会復帰おしゃべり会
2017年の予定

保釈中の方、保護観察中の方、刑務所経験者等の参加を歓迎します!

刑事施設等から社会復帰を果たそうとしている方には、自分の過去を隠さなくてはならないというストレスや、他人に対する気後れ,支えてくれる人がいないという孤独感がつきまといます。私たちは、互いに過去を受け入れた上で、本音で交流する自助グループとして、おしゃべり会を開催しています。人間性の回復を目指して、楽しくお話ししてみませんか。

いらっしゃる際には、必ず事前にご連絡下さい。
kubari(at)officesoula.com (atを@に替えてください)


◆ 日程 *直前の変更の可能性もございます。参加する前日に再度ご確認ください。

2017/1/18(水)9:00-18:00「ゲシュタルト療法」特別ワークショップ 済
2017/1/27(金)18:30-21:00 会員のみ
2017/2/8(水)18:30-21:00「おしゃべり会」@杉並区
2017/2/22(水)18:30-21:00「おしゃべり会」@杉並区
2017/3/10(金)18:30-21:00「おしゃべり会」@杉並区
2017/3/22(水)18:30-21:00「おしゃべり会」@杉並区
2017/4/4(火)9:30-14:30「ゲシュタルト療法」特別ワークショップ@都内
*特別ワークショップは、当事者の方は無料。それ以外の方も、有料でオブザーバーとして参加できます。
2017/4/16(日)18:30-21:00「おしゃべり会」@杉並区
2017/4/22(土)18:30-21:00「おしゃべり会」@新宿区

◆ 参加費 : 無料
◆ 場所 : 都内 ご連絡いただいた方にお知らせします。

◆ 安心して参加いただくために

・実名を名乗る必要はありません。ニックネームで呼び合います。
・薬物やアルコールの影響下にある方は参加できません。
・この場で話したこと、聞いたことは、お互い他に持ち出さないようにしましょう。

◆ プログラム内容

参加を希望される方は、メールでお気軽にご連絡ください。
ここは「生きにくさ」を抱える人々が集まり、自分のことを語る場です。
自由におしゃべりをしたり、瞑想して心を静かにする時間を取ったりします。
また、心理療法のひとつであるゲシュタルト療法(自分の身体感覚や感情、気になることや未解決の問題などに焦点を当て、自分自身に気づきを向け、今ここでの体験を通じて完結し、統合していく作業)などを使い、自分自身に取り組むワークも取り入れます。

◆ ま~る(旧「配りの会」)は

刑務所出所者など犯罪を経験した当事者と、産業カウンセラー、家族相談士、精神保健福祉士、社会福祉士、弁護士などでつくる、自助グループ活動を行っているNPOです。2011年設立、刑務所から社会へ戻る方に寄り添う活動をしています。

回復共同体「ま~る」
ウェブ: http://kubari.jimdo.com/
ブログ: http://kubarinokai/blog.fc2.com/

Oshaberikai1.jpg
↑会のメンバー、スッチーの手作りだよーーー(^_^)
スポンサーサイト

| 活動報告 | 15:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おしゃべり会3/22 感想

2017年3月22日おしゃべり会
                   シャンプー

20170324210200658.jpg

今日のおしゃべり会、アヤさんが入ってくるなり
「看板がないですよ。」
という。

場所を非公開にはしているが、参加者がわかりやすいようにシャンプーのかわいいイラスト付きでホワイトボードの看板は出していたはず。

どういうことかと表の看板を見ると、隣を使う「○○研究会」に上書きされていた。

隣の部屋のご年配に事情を話したら、
「前の人が消し忘れたのかと思った。」
という事情発覚。


ま、今後、高齢化社会もあって、こういうことは増えていくだろうから怒らない。
いずれ自分も高齢者である。
間違いは誰にでもある。


他者受容の寛容さは突然試されるのだ!

| 活動報告 | 08:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おしゃべり会3/10 感想

けいすけ 感想

2回目のお邪魔です。人見知りが少し和らいだのか、四角い心の角が取れたみたい。続けざまに来ていいのかなと思いつつ、お話が聴きたかったので来てしまった。

20170314063620336.jpg

今回、印象的だったのはゲシュタルト療法というワークだ。どういう療法なのか戸惑いつつ、言われるままにやってみた。
最初は「外で起きていること」「体で感じていること」「心で思っていること」をそれぞれ言葉にしてみた。次は、体の違和感を言葉にして、その違和感と対話を試みた。最後に、座布団を用いて、人間関係のお悩みの解消を試みた。最後のワークはメンバーの一人に焦点を当てたものだった。
やっているうちに「これは面白い」と思った。感覚と認識と思考を整理するもの。地に足をつけた思考を図るもの。自分が今ここにいるという感覚を取り戻すもの。いろいろな形容の仕方を思いつくが、考えばかりに集中して、嫌なことを思い出したり、怒りが湧いてきたり、自分を否定したり、それで物事に手がつかなくなったりする人にはピッタリだと感じた。これらがゲシュタルト療法の効果なのかは分からないが、時間があれば勉強してみたいと思った。
会の終了後、別れ際にメンバーとハグをした。ハグは遊離している自分が引き戻される感覚がして嫌いじゃない。今ここに生きているという感覚がする。そう考えると、さっきのワークの続きにも思えた。
また、お邪魔することがあると思いますが、よろしくお願いします!

| 活動報告 | 06:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

累犯刑務所を出入り禁止とされました。

「累犯刑務所を出入り禁止とされました。」

                   シャンプー


 前回に続き、累犯刑務所に行ってきました。

 今回は単独で累犯刑務所へ参加です。 
 
合計2時間のプログラムのうち、1時間目は前回と同じスマープ(SMARPP)、Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program:せりがや覚せい剤依存再発防止プログラム)です。
 「第6回目 あなたの中にある引き金について」
という表題で、「内的な引き金」について話し合いました。

 私は、お酒だろうが、覚醒剤だろうが、自分の問題の置き換えてその感情の取り扱いを考えます。だから、スマープは覚せい剤に限らず、感情のコントロール全般に使えるプログラムです。
 依存症者に有名な言葉に「HALT(ハルト)」というのがあります。
 HUNGRY(空腹)、ANGRY(怒り)、LONELY(孤独)、TIRED(疲労)があると危機的状態になりやすいということです。
 危機的状態になると、薬物使用、飲酒、過食、拒食、窃盗、自傷、自殺、犯罪などに至りやすくなります。
 
 さて、難しい説明よりも、その場で起きたことを少々。

 最初の設問があり、
「どんなときにあなたは怒りますか?」
 と聞かれ、それぞれの受刑者が答えます。
「電車で足を踏まれたとき。」
「妻が浮気していたとき。」
「夜中に報知機を出しても刑務官が素通りしたとき。」
などなど、
「あー、あるある。」
という相槌ができるような言葉が出てきたのですが、私の隣の方が、
「怒ったこと? ないなー。 んー、ない。」
と言っていました。

 私はその人が
「怒ること」
は、
「短気な人のする浅はかな表現」
と思っているように思いました。
 彼等は日々、刑務所で静かに暮らしていて、怒りを必要としないかもしれません。
 刑務所の静謐な時間が、平坦で安定した生活をもたらしているように思いました。
 そんな受刑生活が、怒ることを忘れさせたのかもしれません。
 怒ることを思い出せなくなる、感情の出し方すら忘れているようで、悲しい気持ちになりました。

 そして、ふと受刑生活を振り返ります。
 まず、刑務官を「先生」と呼ぶこと。
 自分が服従する姿勢です。
 呼びやすくはあるけど、それが日常の刑務所の空間です。
 看守が受刑者を管理する社会です。
 
 さて、2時間目は「釈放前の教育(通称 シャクゼン)」の一環で、30分の自由に使っていい時間をいただき、質疑応答で自分の体験を話してきました。
 その経験の中で、私の職業(秘密(∩_∩))に質問が偏り始めたのです。
「国家資格ですか?」
「何日かかりますか?」
「どこで受けられますか?」

 これは、私の経験の話ではなく、誰もが調べればわかる答えがあります。
 こういった目先の質問のみでこの時間を終えては勿体無いので一旦仕切り直しです。
 
同じ刑務所を出て、再犯に至る人はどういう道を辿ったか、それからどうやって身を守って今まで生活してきたかを話してきました。
 今回の、職業について矢継ぎ早に質問をする人は、発達障害がある人のように思いました。
 しかし、しばらく経って考え直すと、私自身がそうであったように、「拘禁反応」に過ぎないのではと思いました。
 その受刑者にとってみれば、限られた時間の中でしか会話が許されない生活ゆえ、話せる機会に沢山話したいという思いが先立っているようでした。
 これに限らず、何年も続く受刑生活が、社会で暮らしていたルールを削ぎ落とし、受刑者としての暮らしに置き換わっていくのです。
 「刑務官と目を合わせてはいけない。」
 「作業中は交談禁止。」
 「手紙は一日一通以上発信できない。」
 「タオルを肩にかけてはいけない。」
 刑務所には、一般の方が想像できない多種多様な制限があります。
 この、入所時に起きたカルチャーショックが、日を追うごとに慣れて、常識へと置き換わっていきます。
 
 今日の話で私が一番に伝えたかったことは、出所に際し、まずは
「リハビリが必要」
ということに尽きます。
 世間から離れていたにも関わらず、前科を隠し、就職し、普通の社会人に戻ること。
 これは難しいことでした。履歴書の書き方、税務申告など、社会人経験が少ない分、今でも苦手なことがあります。
 受刑中の方も、それを自覚し、自分の苦手なことを把握して乗り越えていってほしいと切に願いました。

2017031406320874e.jpg

 さて、前置きが長ーーくなりましたが、表題にある累犯刑務所を出入り禁止とされた件です。

 初回訪問後に、刑務所内の職員食堂で食事をしていたら、遠巻きに私が元いた刑務所の職員が、同じ場にいたそうです。
 私自身、それには気が付きませんでした。
 ただ、刑務官のびっくりした姿もわかります。

 懲罰を30回ほど繰り返し、看守のことを「先生」と呼ばない。  
 稼いだお金は全く貯めることなく、雑誌や手紙の費用にしていく。
 身元引受を断り、仮釈放もいらないと言う。

 全く刑務所内の処遇に服従しなかった逆模範囚の私です。

 でも、この結果、「面白い!」と受け入れています。

 私は、彼等の定義する「不良受刑者」であるところ、再犯で刑務所に入っていないです。
 これは、ま~るを始めとする多くのTC(therapeutic community)に参加しているからにほかなりません。
 良き仲間に、良き教えを受けて、己を成長させれることに喜びを感じること。
 
 これが回復の秘訣だと思います。

 今回訪れた刑務所には、私はもう入れなくても、別の仲間があとに続くことと思うのです。

 ここまで私を導いてくれた多くの方たちだけでなく、私を出入り禁止にした元いた刑務所の職員にも深く感謝しています。

| 活動報告 | 17:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おしゃべり会2/22 感想

感想    けいすけ

部屋に入るとき、少し緊張した。知らない人たちがいる会に初参加というのもあるだろうが、まだ、偏見が残っているのかもしれない。ここでは自己紹介するときに今の状態を◯X△で答えるらしい。シャンプーさんが遊び?で□を加えた。まさに僕の状態は□だった。

「あなたは当事者ですか」。僕は大学院生で話を聞きたいと思って来ていた。だから「そうではないです」と答える。「本当に犯罪行為をしたことないの」と問われる。なるほど。そう言われれば、万引きはしたことがあるような。でも、「当事者です」というのはどうにも白々しい。ここでの立ち位置をどうするのかは考え続けないといけない。何も知らんやつがこういう場に土足で入り込むのなら。

話の中心は捕まってしまった子を持つ母親だった。誰にも言えなかったことをここで吐露して、周りからアドバイスと温かい言葉を貰って、とそんな流れで、すごくいいなと思った。僕はただただ話に圧倒されて、ほとんど何も言えなかったし、言える言葉もなかった。ただ、毒親…とかいう話があったとき、「自分を責めないで」とは思った。その場で言えなかったからここに記す。

その後、実際に、刑務所から出てきた少年の話もあった。どちらも共通しているのは「居場所」なんだと思う。家庭にも居場所がなくて、学校にも居場所がなくて、だから、悪い友達とつるんじゃう。しちゃいけないこともしちゃう。そこが居場所になるから。聞いていてそう思った。こんな話を聞けて来てよかったとも思えた。

取り留めのない感想になりましたが、今後もよろしくお願いします。

20170226201109922.jpg

今回は、初めてけいすけさんが参加してくださいました。
ありがとうございました!また遊びに生きてください(^_^) ゆうこりん

| 活動報告 | 19:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>