「ま~る」(旧「NPO配りの会」)犯罪を経験した当事者と支援者でつくる自助グループ

ま~る(旧「配りの会」)は、刑務所出所者など犯罪を経験した当事者と、産業カウンセラー、家族相談士、精神保健福祉士、社会福祉士、弁護士などでつくる、自助グループ活動を行っているNPOです。2011年設立、刑務所から社会へ戻る方に寄り添う活動をしています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

大学の授業に参加してきました。

大学の授業に参加してきました。

          シャンプー

 昨日の夜、ひろちゃんからメールが入りました。

 「明日、●●大学よろしくお願いします。」

 「えーーーーーーーーー?(´゚д゚`)」

 

 ということで、急遽、ひろちゃん(小竹広子弁護士)と大学に出向き、社会福祉士を目指す学

生さんの前で、急遽自分の体験談を話すことになりました。

 

 最寄り駅からスクールバスでキャンパスまで学生さんと移動。

 はるか昔、自分も学生の頃はスクールバスで通学していたな-と、思い出していました。

 

 【逮捕前の昔のこと】


 成人式を過ごした幼馴染と、また会えると思っていました。

 

 【服役中のこと】

 

 辛さを紛らわすため、やんちゃなことばかりしていました。

 びっしり文字を書いた紙つぶてを、部屋の窓に投げ入れて文通しました。

 

 懲罰中は、部屋の壁にクロスワードパズルを貼り付けて眺めていました。

 誕生日を迎えるヤツには、菓子を与えて祝いました。

 

 【出所直後の出来事】

 世代が代わるほどの時を経ていて浦島太郎でした。

 

 身分証明書がないからsuicaが購入できないと思っていました。

 

 信号がLEDに変わっていて驚きました。

 受刑中にずっと食べれなかった食材のリストを作り、一つ一つ味わって食べました(いちじく、もろへいや、ホヤなど)。

 【最近の出来事】

 街をゆく人の面影で思い出すのは、刑務所で中の良かった人の顔です。

 その人達も、自分にとってかけがえのない出会いでした。

 

 【今日の講義は】

 30分程度の時間を頂きモノローグです。

 過去を振り返り、未来を憂い、それでも今いるこの場この時の特殊さに感謝を覚えます。


 ひろちゃんも30分話をし、残る30分は生徒からの質疑応答でした。

 
最後に思ったことは、

 「学生さんたち、規格外の服役経験者でスマネエ。」

 もっとマトモで従順な、無難に授業の教材となる受刑者もいただろうにねぇ。
 
 スマネエ スマネエ。

スポンサーサイト

| 活動報告 | 15:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今日は、最初は40分ほどひろこさんと私の二人だけでした。
刑務所から出てきた方に関して、「精神障害者」だったり、「生活保護」を受けたりするとそれぞれの支援に繋がれるけれど、「犯罪をおかしてしまった」という部分に関しての支援は少ないのではないか、
支援者側が、支援を必要としている方を条件を付けて切り分けるのではなくて、支援者の方が横のつながりをもって幅広い支援ができるようにしていく必要があるのではないか・・・・というようなおしゃべりになりました。

シャンプーさんがきてからは、ひろこさんの持ってきてくださった「ゲシュタルトカード(?)」をちょっとやりました。
前々回は、タロットカードだったのですが、こちらのカードも面白かったです。

おやつは、ひろこさんの豆おかき、チョコレート、シャンプーさんのシナモンかけお芋等、潤沢でした。

あやさん

| 活動報告 | 18:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

お知らせ「おしゃべり会」2017年


「ま~る」主催
社会復帰おしゃべり会
2017年の予定

保釈中の方、保護観察中の方、刑務所経験者等の参加を歓迎します!

刑事施設等から社会復帰を果たそうとしている方には、自分の過去を隠さなくてはならないというストレスや、他人に対する気後れ,支えてくれる人がいないという孤独感がつきまといます。私たちは、互いに過去を受け入れた上で、本音で交流する自助グループとして、おしゃべり会を開催しています。人間性の回復を目指して、楽しくお話ししてみませんか。

いらっしゃる際には、必ず事前にご連絡下さい。
kubari(at)officesoula.com (atを@に替えてください)


◆ 日程 *直前の変更の可能性もございます。参加する前日に再度ご確認ください。

2017/1/18(水)9:00-18:00「ゲシュタルト療法」特別ワークショップ 済
2017/1/27(金)18:30-21:00 会員のみ
2017/2/8(水)18:30-21:00「おしゃべり会」@杉並区
2017/2/22(水)18:30-21:00「おしゃべり会」@杉並区
2017/3/10(金)18:30-21:00「おしゃべり会」@杉並区
2017/3/22(水)18:30-21:00「おしゃべり会」@杉並区
2017/4/4(火)9:30-14:30「ゲシュタルト療法」特別ワークショップ@都内
2017/4/16(日)18:30-21:00「おしゃべり会」@杉並区
2017/4/22(土)18:30-21:00「おしゃべり会」@新宿区
2017/5/31(水)18:30-21:00「おしゃべり会」@新宿区
2017/6/30(金)18:30-21:00「おしゃべり会」@新宿区
2017/7/6(木)9:45-17:00「ゲシュタルト療法」特別ワークショップ@オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟和室
*特別ワークショップは、当事者の方は無料。それ以外の方も、有料でオブザーバーとして参加できます。
2017/7/11(火)18:30-21:00「おしゃべり会」@新宿区
2017/7/26(水)18:30-21:00「おしゃべり会」@新宿区
2017/8/4(金)18:30-21:00「おしゃべり会」@新宿区
2017/8/22(火)18:30-21:00「おしゃべり会」@新宿区

◆ 参加費 : 無料
◆ 場所 : 都内 ご連絡いただいた方にお知らせします。

◆ 安心して参加いただくために

・実名を名乗る必要はありません。ニックネームで呼び合います。
・薬物やアルコールの影響下にある方は参加できません。
・この場で話したこと、聞いたことは、お互い他に持ち出さないようにしましょう。

◆ プログラム内容

参加を希望される方は、メールでお気軽にご連絡ください。
ここは「生きにくさ」を抱える人々が集まり、自分のことを語る場です。
自由におしゃべりをしたり、瞑想して心を静かにする時間を取ったりします。
また、心理療法のひとつであるゲシュタルト療法(自分の身体感覚や感情、気になることや未解決の問題などに焦点を当て、自分自身に気づきを向け、今ここでの体験を通じて完結し、統合していく作業)などを使い、自分自身に取り組むワークも取り入れます。

◆ ま~る(旧「配りの会」)は

刑務所出所者など犯罪を経験した当事者と、産業カウンセラー、家族相談士、精神保健福祉士、社会福祉士、弁護士などでつくる、自助グループ活動を行っているNPOです。2011年設立、刑務所から社会へ戻る方に寄り添う活動をしています。

回復共同体「ま~る」
ウェブ: http://kubari.jimdo.com/
ブログ: http://kubarinokai/blog.fc2.com/

Oshaberikai1.jpg
↑会のメンバー、スッチーの手作りだよーーー(^_^)

| 活動報告 | 15:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おしゃべり会3/22 感想

2017年3月22日おしゃべり会
                   シャンプー

20170324210200658.jpg

今日のおしゃべり会、アヤさんが入ってくるなり
「看板がないですよ。」
という。

場所を非公開にはしているが、参加者がわかりやすいようにシャンプーのかわいいイラスト付きでホワイトボードの看板は出していたはず。

どういうことかと表の看板を見ると、隣を使う「○○研究会」に上書きされていた。

隣の部屋のご年配に事情を話したら、
「前の人が消し忘れたのかと思った。」
という事情発覚。


ま、今後、高齢化社会もあって、こういうことは増えていくだろうから怒らない。
いずれ自分も高齢者である。
間違いは誰にでもある。


他者受容の寛容さは突然試されるのだ!

| 活動報告 | 08:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おしゃべり会3/10 感想

けいすけ 感想

2回目のお邪魔です。人見知りが少し和らいだのか、四角い心の角が取れたみたい。続けざまに来ていいのかなと思いつつ、お話が聴きたかったので来てしまった。

20170314063620336.jpg

今回、印象的だったのはゲシュタルト療法というワークだ。どういう療法なのか戸惑いつつ、言われるままにやってみた。
最初は「外で起きていること」「体で感じていること」「心で思っていること」をそれぞれ言葉にしてみた。次は、体の違和感を言葉にして、その違和感と対話を試みた。最後に、座布団を用いて、人間関係のお悩みの解消を試みた。最後のワークはメンバーの一人に焦点を当てたものだった。
やっているうちに「これは面白い」と思った。感覚と認識と思考を整理するもの。地に足をつけた思考を図るもの。自分が今ここにいるという感覚を取り戻すもの。いろいろな形容の仕方を思いつくが、考えばかりに集中して、嫌なことを思い出したり、怒りが湧いてきたり、自分を否定したり、それで物事に手がつかなくなったりする人にはピッタリだと感じた。これらがゲシュタルト療法の効果なのかは分からないが、時間があれば勉強してみたいと思った。
会の終了後、別れ際にメンバーとハグをした。ハグは遊離している自分が引き戻される感覚がして嫌いじゃない。今ここに生きているという感覚がする。そう考えると、さっきのワークの続きにも思えた。
また、お邪魔することがあると思いますが、よろしくお願いします!

| 活動報告 | 06:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>