FC2ブログ

「ま~る」(旧「NPO配りの会」)犯罪を経験した当事者と支援者でつくる自助グループ

ま~る(旧「配りの会」)は、刑務所出所者など犯罪を経験した当事者と、産業カウンセラー、家族相談士、精神保健福祉士、社会福祉士、弁護士などでつくる、自助グループ活動を行っているNPOです。2011年設立、刑務所から社会へ戻る方に寄り添う活動をしています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

報告 6/28トークイベント「当事者が語る!刑事施設からの社会復帰」

6/28のトークイベント:

大阪の自助グループ「くまの会」と共催で、当事者のトークイベントを開催しました。
まず、大阪大学の藤岡淳子先生が、犯罪からの回復に何が必要なのか、また先進的な回復共同体プログラムを採り入れている刑務所(島根あさひ社会復帰促進センター)で行っている回復共同体プログラムの概要を説明してくださいました。
続いて、島根あさひを出所した回復者が、なぜ罪を犯したのか、刑事施設でどのような経験をし、どのように社会復帰し、今何を感じているかを自分のことばで語ってくれました。
4人の回復者がそれぞれ話してくれた後、会場に(たまたまも含め!)居た刑務所経験者10人くらいをそれぞれ囲む形で、会場全体で5~6人のグループに別れ、更にゆっくり当事者と対話する時間を持ちました。
最後に会場全体で各グループの感想をシェアしました。
予想を上回る60名以上が参加。そして、わかっただけでも、刑務所職員、弁護士、更生保護施設職員、保護観察所職員、カウンセラー、児童養護施設職員等々、本当に多種多様な方達が、当事者の声をききに集まっていました。

記事 小竹広子

20150729143450466.jpg

★★★ 当事者が語る! 刑事施設からの社会復帰 ★★★
★★★★★★★  トークイベントご案内 ★★★★★★★

私たちは、なぜ罪をおかしてしまったのか?
 刑事施設で何を経験し、いま何を感じているのか?
  社会に出たとき、何にぶつかったのか?

なかなか聞けない貴重な声!
当事者グループが共催します

スピーカー:刑事施設からの回復者3~4名
      藤岡惇子 大阪大学教授

日 時●6/28(日曜日)1:30~4:00
場 所●オリンピック記念青少年総合センター
    国際交流棟 第1ミーティングルーム
    (「参宮橋」駅10分)
参加費●1000円
スポンサーサイト

| 活動報告 | 23:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。