FC2ブログ

「ま~る」(旧「NPO配りの会」)犯罪を経験した当事者と支援者でつくる自助グループ

ま~る(旧「配りの会」)は、刑務所出所者など犯罪を経験した当事者と、産業カウンセラー、家族相談士、精神保健福祉士、社会福祉士、弁護士などでつくる、自助グループ活動を行っているNPOです。2011年設立、刑務所から社会へ戻る方に寄り添う活動をしています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おしゃべり会3/10 感想

けいすけ 感想

2回目のお邪魔です。人見知りが少し和らいだのか、四角い心の角が取れたみたい。続けざまに来ていいのかなと思いつつ、お話が聴きたかったので来てしまった。

20170314063620336.jpg

今回、印象的だったのはゲシュタルト療法というワークだ。どういう療法なのか戸惑いつつ、言われるままにやってみた。
最初は「外で起きていること」「体で感じていること」「心で思っていること」をそれぞれ言葉にしてみた。次は、体の違和感を言葉にして、その違和感と対話を試みた。最後に、座布団を用いて、人間関係のお悩みの解消を試みた。最後のワークはメンバーの一人に焦点を当てたものだった。
やっているうちに「これは面白い」と思った。感覚と認識と思考を整理するもの。地に足をつけた思考を図るもの。自分が今ここにいるという感覚を取り戻すもの。いろいろな形容の仕方を思いつくが、考えばかりに集中して、嫌なことを思い出したり、怒りが湧いてきたり、自分を否定したり、それで物事に手がつかなくなったりする人にはピッタリだと感じた。これらがゲシュタルト療法の効果なのかは分からないが、時間があれば勉強してみたいと思った。
会の終了後、別れ際にメンバーとハグをした。ハグは遊離している自分が引き戻される感覚がして嫌いじゃない。今ここに生きているという感覚がする。そう考えると、さっきのワークの続きにも思えた。
また、お邪魔することがあると思いますが、よろしくお願いします!
スポンサーサイト

| 活動報告 | 06:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。